ほんとに?クリスマスの購入をご検討ならココ |

娘のかわいらしい声もまた!胸に響くものがあり!いつまでもこの感動を忘れたくないと思い購入しました。くまさんがサンタさんに言葉を教えてもらうシーンがとても可愛いくて!子供もくまさんのセリフを真似をしていました。お話の内容もとてもほんわかしていて!3歳の息子にはわかりやすいストーリー&ちょうどいいお話の長さで!飽きずに聞いてくれます。

コチラです!

2018年01月15日 ランキング上位商品↑

クリスマス シリーズサンタさんありがとう ちいさなクリスマスのものがたり (日本傑作絵本シリーズ) [ 長尾玲子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

全てのページのイラスト部分が刺繍です。まだ、3歳の娘にはそこまでの深い意味は理解できないけど、だんだんと大きくなったときに、クリスマスプレゼントにはサンタさんの思いが詰まってるから、大切にしようね!と教えてあげたいと思いました。サンタさん、ありがとうねと題名どおりの気持ちになること間違いなしです。クリスマス前に毎晩子どもに読んで聞かせています。2歳の娘も何度も読んで読んでと繰り返しています。サンタさんもわかってきたようです。今年だけでなく、来年も読み継いで、家族で大好きになる絵本にしたいです。物語もとても気持ちが優しくなります。それでも娘は楽しそうです。とても素敵なお話だったので、子ども達にCDで聴かせたところ、今一つの反応…。。絵柄が可愛い。。サンタさんがそりを引きながら走っていたり!トナカイも二本足で走っていたり。クマさんと男の子がぎゅーっと抱きしめる場面が気に入ったのか!読後に必ずマネます。サンタさんはクマのぬいぐるみを作り!そのクマさんが男の子のお友達になれるよう言葉を教えます。どのページも刺繍で作られていて!それを見るだけで大人が癒されます。全ページの絵が刺繍というのももちろん素晴らしく感動するのですが、話の内容もとても温かみがあって素敵です。久々に出会った傑作だと思います。字が読めるようになった娘は、絵本が大好きです。以前図書館で借りて、私がとても気に入ってしまい購入しました。私も娘が赤ちゃんの時こんな感じで言葉を教えたなぁって懐かしく思い出しました。息子は自分もくまさんと一緒になって!繰り返していました。今回、クリスマス用の絵本を何種類か読みましたが、今の年齢にはこれが一番ピッタリ来る感じでした。きれいな挿絵と優しい文章に、心穏やかになれる1冊です。この絵本を知ったのは、購入したクリスマスのCDの中に読み聞かせ音源があったからでした。娘が幼稚園から借りてきて、母親の私の方がとても気に入ってしまい、購入を決めました。絵も刺繍ですべて作られてて!とても手作り感たっぷりです!5歳の娘が!クリスマス前に保育園で借りてきました。派手さはありませんが!ぜひ手にとって見ていただきたい本です。久々に子どもたちに読み聞かせをしながら!ないてしまいました。最後には僕にも作って・・・とリクエストが飛び出したり^^;言葉を教えてあげるサンタさん。内容も感動的で大人も子どもと一緒に楽しめます。最後にサンタさんとずっと一緒にいたいのに、男の子へのプレゼントとして旅立たなければならないクマさんの切なさと寂しさ、送り出すサンタさんの優しさ。3歳にしてはまだ長いかなと思いましたが、前頁が刺繍による絵柄になっていて、ほかの方のレビューにあるように大人が好むかもしれません。優しい気持ちを大切にして欲しい母の気持ちにピッタリの1冊でした。ずっと大切にしていきたい本です。サンタさんがプレゼントを配る姿も!よく見ると1つ1つユーモラスに表現されています。サンタさんがとても愛情込めたプレゼントを届けるお話。じわっと!心に染み入ってくるお話です。二人が仲良くなったのにお別れをしなければならないシーンはせつなくてせつなくて・・・シチュエーションは違うのですが、いつかお嫁に行ってしまうであろう娘にくまさんを重ねてしまって、涙が出てしまいました。手芸が趣味なので、挿絵である刺繍の緻密さにただただ脱帽です。サンタさんがどんなに一生懸命子供達のプレゼントを考えているか伝わってくる絵本で、読んでいてとっても温かくなっちゃいました。当初、失敗してはイヤだと思って図書館で借りましたが、毎日のように「これ読んで♪」と言われるので、返却日を待たずして、購入してしまいました。全編が豪華な刺繍というわけではなく、同じ刺繍でもアウトラインステッチ(布地に線の部分だけが刺繍されている)のページが殆どです。しかし話は秀逸です。本のサイズは小さく!白黒ですが!他のクリスマスの絵本とは視点が違い!新鮮でした。あるくやはしるなどは全身つかっての大表現を繰り返したり、本当楽しそうに読んでいました。お勧めです3歳の娘へクリスマスプレゼントのひとつに選びました。「お母さんに読んであげる」と言い!一生懸命読んでくれたことにも感激しましたが!そのお話の内容にも感動しました。話せるようになったクマさんはサンタさんのお手伝いをしながら仲良く暮らしていたけれど!やがてクリスマスになりサンタさんとお別れする日がやってきて・・・。大人が見ていてもくすっと笑える箇所が多いです。その点はちょっと残念でした。お話が長いので聞いてくれるかな!と心配でしたが!一度読んだらお気に入りになったようで寝る前には必ず読んでと言います。クマさんと男の子の新たな出会い・・・たくさんの温かいものが詰まっています。だってそのくらい、しんちゃんへのプレゼントがサンタさんの気持ちがいっぱい詰まっていてすごく素敵だったんですよね。すっかり内容も覚えて自分も本の登場人物になっているような感じ。4歳の子供へのクリスマスプレゼントですが!本当は自分のために買ったようなものです。図書館で借りて、即購入したいと思うお話。3歳の子供ははっきりとした絵柄のほうが好きだしわかりやすいはずなので。サンタさんがクマさんに言葉を教えるシーンでは、クマさんの可愛いしぐさに娘はいつも笑っています。3歳の息子にと思って購入しました。今回のクリスマスに母が選んだのはこの1冊。いくつか本屋を見に行ったのですが!見つからなかったので!諦めかけた時にこちらで見つける事が出来たので早速購入しました。刺繍の絵に感動し!お話もとても感動です。小さな男の子がサンタさんに!お友達になってくれるクマさんのぬいぐるみが欲しいと手紙を書きます。サンタさんを信じる小さな子供にとって、クリスマスの大切な一冊になること間違いないと思います。ちょっと切なく、胸がキュンとする、素敵なお話です。プレゼントされるはずのくまさんと!サンタさんのちょっぴり切ない!でも温かい物語!かわいらしいです。息子はこの絵本を読んで、「僕もやっぱぬいぐるみ欲しくなっちゃった」としんちゃんに憧れたようです。サンタさん!クマさん!男の子の三人それぞれの優しい気持ちが伝わってきます。大きさも大きくなくて持ち運びしやすいです。画像からは可愛さがイマイチ伝わらない気がしますが!実際に手にすると!大人が嬉しくなるような可愛さです。絵本の大きさも子ども達の手に取りやすいサイズで、大好きな絵本となりました。ただし表紙は豪華な刺繍ですが!中を開くと最初はちょっとがっかり。というお話です。5歳になる娘のために毎年クリスマスに母から1冊!父から1冊ずつ!言葉を添えてプレゼントしています。